一人暮らしの男が、夜中にパン焼いてるなんて、もっとキモい

だろう、きっと。

今まで、一人暮らしの男で、パンを焼いているという男のことを聞いたことはない。

いや、もしかして、いたのかもしれないけど、そいつも「キモーい」とか思われたくなくて、言わなかっただけなのかもしれない。

今回のパン作りは、4回目。

そして、今回の酵母は、ブドウから採った、まさに天然酵母を使った。

大体、パン作り4回目にして、ブドウから酵母を採って作っているなんて、パン屋でもやる気なんかい!と、突っ込まれそうだが、ただ単に、安く美味いものを作りたいというだけなのだ。

さて、ぶどうの酵母は、とってもワインの香りがしていい。

こいつで、生地を練り、一次発酵をさせる。

が、ほとんど膨らまない。

「きっと、酵母の力が弱いんだ。なんか、プラスできないかなぁ」と思い、ダメ元で、とぎ汁乳酸菌を加えてみる。

そして、一次発酵の際、練った時の温度よりも1.5度程度高めの状態であることが必要だと、どっかに書いてあった。

のだが、夜に練ると、どうしても、気温が下がってしまう。

そこで、先日買った、ヨーグルトメーカーの中に入れ、30度で設定してみる。

すると・・・、見事に膨らみました。やった!

で、二次発酵は、ちょっとタイミングが悪くなってしまった。

いつもは、オーブンで、35度の発酵を2時間やるのだが、ちょいと時間が悪い。

そこで、外に出して、4時間程度の発酵をすることにした。

結果は、多分、この二次発酵が足りなかったのだろうと思われる。

そして、温度が低くてダメだったのだろう。

ちょいと、固めの、膨らみが足りないパンになってしまった。

まあ、いいや。

食べてみると、ちょいと固めだけど、いい言い方をすれば、もっちりボリューミーなパンってことで。

次回は、柿の酵母に挑戦。現在仕込み中。

たった1日で、しゅわしゅわと結構勢いよくアワアワが出てきているので、ちょっと期待できそうなのだ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE