公園って書いてあったから・・・

今日、陛下のお迎えを終えて、トボトボと歩いて山に帰る途中、僕を追い越していくスクーターが一台。

山に登っていくのは、僕の他に、山に畑を持っている人たちか、炭焼き小屋の人たちか、電力会社の関係者くらい。

そのほとんどは、カブか軽トラだ。

スクーターっていうのは珍しい。

ナンバーをチェックすると「松山市」

うーん、わけ分からず入っちゃったパターンか?

そろそろ炭を焼くと言っていたので、炭焼きメンバーか?

大概、分かからず入っちゃったパターンの場合は、数分で引き返してくる。

が、戻ってこない。

これは、炭焼きメンバーか上まで侵入してしまっているかどちらかだろう。

急いで、Jに乗り込み、山を駆け上がる。

どこまで行っても、途中にスクーターが置かれていない。

「炭焼きメンバーならいいのだが・・・」

家まで着いた。

「いないか?」

と、思ったら、スクータが上から降りてきた。

「おいおい、不法侵入だぞ」と思っても、穏やかに接してみる。

池の方へ行ったので、声をかける

「池(池だけは部落の持ち物なので)の用事ですか?」と聞くと。

「いや、どうなっているのかなぁと思って」とのこと。

やっぱり、来ちゃったパターンだった。

「一応、私有地なんですよ」と言うと。

「公園って書いてあったから・・・」

そう来たか、やっぱり。

「あっ、でも、ゆっくり過ごしていってください」と言い残し、早速、小屋へ戻って、やっぱり外そうと決断した。

↓コレ

十数年前、この山を整備するに当たって、この看板の通り、自然森林公園にしたかったらしいのだが、道半ばで終わっていて、売りに出されていたのだ。

せっかく、立派な看板だったので、そのままにしていたのだが・・・

やっぱり、取りました。

ここに来て、3ヶ月弱。

「公園?」と聞かれたのは三回目。

月に一人は、ここに、よくわからないまま訪れる人がいるってことなのだ。

実際に、来てもらうのは大いに結構なのだが、物が外に無造作に置いてあったり、倉庫の扉が開けっぱなしだったりする。

もちろん、盗みに来る人はいないのだが、そうした状況というのは、つい出来心を誘ってしまうこともあるのだ。

欲しいものが目の前にある&誰もいない、誰も見てない、誰もこないという状況は良くない。

僕にとっても良くなければ、訪問者にとっても良くないのだ。

僕を訪ねて来てくれる人であれば、「ああ、居ないのかー」で終われるし、分かっていてのんびりいてくれるのはいい。

持ち主のことを知っていれば、そんなに間違いは起きない(と思う)のだ。

つーことで、やっぱり、出かける時は、ゲートを閉めようかなぁ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE