香川じゃないけど、やっぱりうどん

香川の讃岐うどんが超有名だけど、それでも、四国はやっぱりうどんだ。

今までスーパーに売っているうどんで、こんなうどんは初めて見た。

表っ側を見る分には、製麺所のうどんってことはわかる。

スーパーで、こんな感じの製麺所のうどんが売られていること自体、多くはないけど、それより、びっくりだったのは裏を見たとき。

えー、なになに、茹で時間は・・・

「えっ?うそでしょ。」

ゆで時間:20分

さらに、その後蒸らし:10-15分

合計で、35分って。

煮込みうどんよりも煮込んでない?

僕の予想では、グッチュグチュのべっちゃべちゃになってしまうんじゃないか?と心配になるほどのゆで時間。

「あー、うどんくいてー」って思ってから、お湯を沸かしてから、35分も待つうどんなんてあるのかよ!と思ってしまう。

でも、この通り茹でてみる。

途中で、とっても、心配になったけど、待つ、待つ、待つ、待つ、待ち疲れるぞ。

でも、35分経過!

おっしゃ、どうじゃ!

なんじゃ、なんじゃい。

お湯が、ほとんどなくなってる。

相当、麺が吸ったなぁ。

どんぶりが、麺でいっぱいになっちまったよ。

出汁をぶっかけて、ネギと卵で食べてみる。

見るからに、ぐちゃぐちゃのべっちゃべちゃにはなってなくて、ちゃんと麺の形を維持してるよ。

「ズズッ!ズルズル〜」

うん、うまいな。

しかし、30分以上も茹でるなんて、びっくりだったけど、全く煮崩れないのもびっくり。

香川じゃないけど、やっぱり、四国のうどんはすごかったよ。

スーパーで売ってるレベルで、これだもんな。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE