早朝散歩と岩山瞑想

投稿日:

ヤギは、エサをやらずに散歩も不要という楽な動物だが、何を思ったのか犬を飼い始めてしまったことで、毎日2回エサをやり、朝は散歩に出る必要ができてしまった。
なんという面倒な動物であろう。

その見返りが、忠誠心や愛くるしさ、人懐っこさなのだろうが、今の所、だいぶ慣れてきたとはいえ、一般的に見る犬のそれとは、まだまだかけ離れており、警戒心は拭い去られてはいない。

それでも、散歩に出かけると、とても元気に走り回るし、ちゃんとついてきて、懐いている感じは満載だ。
毎日、少しでも違うルートを歩くようにしているのだが、山を登って岩山まで行ってみた。

岩山までは、トレッキングな感じなのだが、僕の格好は、パジャマの上にウインドウブレーカーのズボンを履いて、フリースを羽織り、長靴を履いただけで登った。

今までであれば、若干「登るぞ!」的な気合いを入れて登っていたのだが、体重が軽くなったせいなのか、まったく疲れず岩山に到着。

OPERA(ヤギ)の場合は、岩山などなんのそので軽々と登っていくのだが、FAN(犬)は、前回登った時は、岩山の下で「フゥ〜ン、フゥ〜ン」と鳴いていたのだが、今回は、根性で登ってきた。

FANの登る姿を、皆さんにも見せてあげたいくらいだったが、残念ながら写真もビデオも撮っていないので、文章で説明すると、両手両足を目一杯広げて岩にへばりつき、落ちないように爪を引っ掛けて、踏ん張りながら岩を登ってきた。

ちなみに、OPERAの場合は、飛び跳ねて、小さなくぼみに足を置き、そこからまたジャンプして軽々と登っていく。

ここ数ヶ月の間、朝だったり、夜だったり、よく瞑想をしている。
ってことで、朝日を浴びながら、岩山の上で瞑想してみた。

この場所で瞑想をしていると、自分がなんだか仙人になった気分になる。
エネルギーの充電もすさまじそうな感じ。

定番の散歩コースに、なるかなぁ?

-ANIMAL:動物, MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.