たまご農場発見!

投稿日:2017年9月5日 更新日:

昨日のポルシェセンターの帰り道、松山インターで降りるのではなく、一つ手前で降りた。

地域のことは、まだよくわかってないので、いろんなところを走るのはいい。

ネットで検索したり、GoogleMapで見るだけでは、わからないことや気がつかないことがたくさんあるのだ。

昨日、走っていると看板を見つけた「生みたてたまご販売」の文字。

早速、行ってみることにした。

広めの道路から入って、しばらく進むと、農場というか、工場のような場所に出た。

そこが、たまご農場?というか、たまご工場だ。

「丸山農場」

直販の店は、閉まっていたが、大きな自動販売機を発見した。

たまごの種類が書かれた看板を、しばらく眺めていると、バイクでお客さんが来た。

常連らしく、ささっと買っていた。

そして、またしばらくすると、ワンボックスが到着して、老夫婦が買って行った。

結構、売れてる。

そんなわけで、僕も買ってみる。

<いろんな種類があったけど、一番、自然っぽいヤツにした>

たまご、パン、牛乳など、一般的なスーパーでは、なかなか、良くて安くて新鮮なものが手に入りにくい。

通販で買えば、牛乳なんかは、1Lで1,000円くらい。それでもいいけど、結局は、クール便の送料までかかるので、とんでもなく高額なってしまう。一人では、まとめ買いしても消費できないし。

たまごも、なかなかなかった。

少し前に、このブログに登場していただいた、イーさんが持ってきてくれたが、売っている場所が結構遠いのだ。なので、自分で買いに行くには、ちょっと・・・と思っていた。

あとはパン。

これも、通販で購入できるが、やっぱり送料がかかると高くつく。

パンの場合は、冷凍しておいてもいいから、まとめ買いでもいいけども、今度は、冷凍庫を占有してしまうのだ。

ちなみに、牛乳は、この地域の乳製品の会社「らくれん」が出している牛乳が、悪くない。

価格は、1L250円程度なので、お手軽で、味もいい。

もちろん、放牧牛とかではないだろうけどね。

パンは、結局、手作りに挑戦することにしたのだ。

その記事は、また、近々。

で、たまごはどうだったのかというと。

こちらも、放牧鶏とかではないが、味の方が、これが悪くない。

殻も硬めだし、割ったときに、白身がぷっくりと浮き上がっている。

<味は、書いてあった通り、昔食べた卵の味な感じでなかなか良い>

今日の今日の生みたてっていうのも一つの良さだと思うが、多分、日数が経過しても、これだけぷっくりしていれば大丈夫だと思われる。

価格は、12個で300円

これも、お手軽だ。

今まであれば、6個300円がスタンダードだったから、半額で済むことになる。

いずれ、たまごは、鶏を飼って、自家生産を考えていたが、しばらくは、丸山農場でいけるかもしれない。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.