船に乗ってわかったこと

先日、松山の花火の日は、朝から船で釣りに出かけていた。

今回が3回目。

今までの2回は、酔い止めを飲んでいたけど、正直「酔い止めなんてなくても大丈夫だろう」とたかをくくっていた。

薬は極力飲みたくはないのだ。

そして、大海原へ出発!

しかーし!見事に酔った。

酔い止めがないだけで、こんなにも違うのか!!!

と、めちゃめちゃ実感。

FBに、「動くものの上にいるときは、自分も動き続けなければならない。時間も、地球も動いている」などと、格言めいたことを書いたが、船の動きに合わせて自分も動けばなんともないだろ。と思っていた自分が甘かった。

そこで、上記に追加。

「動きを読んで、その動きに完全に合わせなければ、波には乗れない」

または、こうだ。

「自らが、波を起こす存在になれ」

人生も、時代、時間、環境、状況、いろんな変化に対して、完全にリズムを合わせて波に乗っていくか、自らが大きな波を起こす存在になっていき、リードしていくか、生き方も船の乗り方も似てるところがあったように感じた。

僕は、見事に、波には乗れませんでしたが・・・

それでも、ぼちぼち釣りましたよ。

<ちっこい、サメがかかったの図>

<夕日がすげー綺麗だった。けど、写真では表現されてないな>


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE