マダニを初めて見た

昨日、作業を終え、地下足袋を脱いでいると、ホックのところにいた生き物。

体長5-6mmほどの、なんだか、ダニのような形をした生物を発見。

僕の知っているダニというのは、体長1mm程度の小さなやつなので、いくらダニの形をしていてもダニではないのかな?と思った。

が、ググってみると、そいつは、吸血マダニであることが発覚。

地下足袋にくっついて、なんとか中に入り込もうとしていたとは・・・

今まで、登山といっても、完全に整備された、富士山とか高尾山とか、そうしたところにしか行ったことはなく、マダニがいるようなところへ分け入って行ったことはないから、こうした知識が全然ないのだ。

だから、この山に来て、いろんなものに初対面する。

見ても、それがなんだかわからないけど、蚊やアブだけじゃなく、小さなブヨ(ブユ)もたっくさんいるし、そして、今回のマダニなど、吸血系の虫たちがわんさかいることがわかってきた。

何気なく、サンダルで草むらへ行っちゃうことがあったけど、結構な危険行為だと改めて認識してきたかも。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE