空気が綺麗な証拠を発見

今日、窓ガラスを掃除した。

先日、自作虫除けを窓に吹きかけてみたところ、アルコールの影響か、グローブの汁なのか、窓ガラスが染みになってしまったので、ガラスの掃除をすることにしたのだ。

青山のスタジオで、使っていた、スクイージーの延長ポールが、とうとう役に立つ。

2年ぶりの登場である。

窓掃除をしていて思い出した。

先日、「意外と、窓が汚れてない」と言われた。

その時は、さほど気にしていなかったが、今、思い出してみると、確かに汚れてはいないな。

東京にいた時を思い出してみると、雨が窓に吹き付けた後などは、結構汚れていたものだ。

この小屋も、窓に雨が当たらないほど、軒が出ている訳ではないので、当然、雨は当たっている。

でも、なぜ、汚れないんだろう?

もちろん、今流行りの、光触媒とかではない。

そうか!

雨が降ると汚れるのは、雨自体が汚れている訳ではなく、大気中の汚染物質を雨が吸着して窓に当たるから汚れるわけだ。

特に、ディーゼルエンジンから出る、黒煙などの物質が大きいのだろう。

それを考えると、ここには、大気を汚染するものがない。

どこか遠くから運ばれてくるものがあるかもしれないが、少なくとも、ここあるのは、自分の車と、チャーンソーと草刈機のエンジンだけだ。

あとは、郵便屋さんと宅配の車。

一般車が、ブンブン走っているのは、ここから2kmも先。

それも、ずっと低い場所なので、よっぽどでなければ、この場所に、排気ガスが来ることはないのだ。

だから、雨が降っても窓が汚れないということなのだ。

そう思うと、改めて、空気が良いということが実感できる。

正直、今まで、空気が良いとは思っても、あまり実感はしていなかった。

東京に暮らしていて、空気が悪いと思ったことはないし、田舎や山に来て、空気が良いと感じるのは、気分ってのもあるだろう。くらいに思っていたのだ。

窓が汚れないというのは、空気がきれいだという証拠になるとは、新しい発見をした。

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE