タラの芽、真っ盛り!

土曜日だっていうのに

今日は、土曜日だというのに誰も来ていない。
これも、コロナの影響だろうと思うのだが、せっかく晴れた気持ちの良い日だったのに、もったいなかった。
そして、明日も晴れの予定だが、誰も来る予定がない。残念!

ってことで、今日は、OPERA(オペラ:オスヤギ)とCHAR(チャー:メスヤギ)とFAN(犬)と僕の4人で山に登って、タラの芽とわらびを採ってきた。

タラの芽ワンサカ

山の頂上にたどり着くと、すでにタラの芽がワンサカ出ていた。
すでに、目が伸びてしまって遅いくらいの木もあったが、ほとんどは、今まさにドンピシャ!という出具合だった。

一人では、とても食べきれる量ではないので、食べる分だけ収穫したが、収穫しない分は、そのまま成長して葉っぱが大きくなっていくだけで、すぐに食べられなくなってしまうのだ。

ちなみに、タラの芽を採っても、また脇目が生えてくるので、芽を採ったからと言ってタラの木の成長を妨げるわけではないのである。
逆に、採ってあげると、木がやたらと伸びるのを防げるので、採った方が良いかもしれないのだ。

やっぱ、うめ〜よ、タラの芽としいたけの天ぷら

ついでに、しいたけ畑へ行って、3つほど原木しいたけをもらい、一人天ぷらランチをした。

揚げ物は、どんな時でも外でやる。
室内でやると、油臭くなってしまうが、外なら気にせずバンバンできる。
今日は、最高の気候だったのだ。

やっぱ、うめ〜。
揚げたてっていうのと、外で食べるっていうのもあって、最高にうまい。
あー、これを一人でやってるっていうのが、本当にもったいない。

タラの芽の天ぷら、誰か食べに来ないかなぁ?

コロナウイルスの感染防止のために、外出自粛ってのはわかるんだけど、家に引きこもっていたら、免疫落ちて、ウイルスにかかった時に、やられやすくなっちゃうんじゃないか?と思ってしまう。

コロナウイルスだけじゃなくて、インフルエンザもいるし、風邪の細菌だってウヨウヨしているだろうし。

土壌菌の舞う山で、思いっきりいろんな菌を吸い込んで、肌にくっつけて、体を動かして、出来立てホヤホヤの酸素を目一杯吸って、汗をかいて、水分を大量に飲んで、出して、ガッツリ、うまい飯を食うってのが、いいんじゃないかなぁ?

せっかく、タラの芽がピークなので、誰か食べに来て〜。

-COOK:料理, MARK'S LIFE:日常, SEASONAL FOOD:季節の食べ物
-,

© 2021 Mark's LIFE