サビ取りに、クエン酸が大活躍

投稿日:2018年7月12日 更新日:

先日の雨の中、工具を外に出しておいたら、当然ながら錆びついた。

他にも錆びついている工具がいくつかあったので、ここで一発サビ落としをやりたいと思ったのだが、サビ取り剤って以外に高い。

サビ取り剤にお金をかけるのなら、新しく工具を買っても、正直そんなに値段が変わらないかもしれないほど。

そこで、どうにかこうにか、安くて効果抜群のサビ取り方法はないものかと模索していると、こんな記事を発見。

歯磨き粉、ライム、重曹、クエン酸、じゃがいも、サンポール、シュウ酸、コーラなどと書いてある。

う〜ん、よくある「お手軽だけど、ほとんど効果なし」っていう類だろうか?とも思ったが、クエン酸や重曹ならうちにある。

クエン酸は酸性、重曹はアルカリ性、ってことは、酸性だろうがアルカリ性だろうが、どっちにしてもサビが落ちるってことなのか?

それっていうのは、中性からどっちかに傾くと、何かしらの現象が生じるということなのだろうか?

疑いMAXで、でも、どうせ金銭的にはほぼ負担なしなので、クエン酸で試してみる事にした。

なんとなく、酸性の方が効果がありそうってことで。

トレーに、クエン酸をたっぷりと入れて水で溶かす。その中に、工具を漬け込んでみる。

ph試験紙で、ペーパーを計測してみると、クエン酸を入れすぎたようで、ph1という強酸性に。

こんなに簡単に、強酸性水って作れちゃうものなんだなー。

そう思うと、自宅のお風呂で、草津の湯(ph1.2-1.4)もどきが出来ちゃうじゃん。なんてことを思いながら眺めていると・・・

ぶくぶくと泡が出て来た。

この気体がなんなのか全くわからないけども、とにかく、なんかの反応が起こっているのは確かだ。

数時間漬け込んで、擦ってみると・・・

おー!

サビが取れた。それも、綺麗さっぱり。

こりゃすげーよ。

超お手軽で、超ローコストで、超効き目抜群じゃん。

これなら、五右衛門風呂のサビも綺麗さっぱり落とせちゃうかもしれない。

今まで、広範囲のサビ落としには、相当なコストがかかると思っていたため、この1年間サビサビのままにしていたけど、クエン酸や重曹なら、超ローコストで出来ちゃう。

アルカリ性にすればいいのなら、薪を燃やした灰でもいいってことなんじゃないか?

鍋も、灰でピカピカになったことを思うと、イケるような気がしてきた。

近々やってみるぞー


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.