換気扇アップグレードしたぞ

投稿日:2018年5月28日 更新日:

当初、3つの建物すべてに、換気扇は付いていなかった。

唯一あったのは、居住用小屋のトイレについていた20年前のトイレファンのみ。

昨年、ここに来た時、梅雨真っ只中で湿度MAX状態の中で、換気扇がないという事態だったため、とってもカビに悩まされていたのだ。

そこで、2つの倉庫に換気扇を新設。

小屋のトイレファンも、最新の強力型に変更。

さらに、小屋のキッチンに男前な業務用ファンを設置した。

しかし、梅雨本番を前に、若干の不安がよぎっていた。

それは、少し前に発見した、ベッド下板MDF(おがくずを固めた板)のカビだ。

このカビは、きっと、昨年、ここに来てからの湿気によるものだと思われるのだが、その後、工具や部材を入れてある倉庫の中に置いてあったMDFの板にもカビが発生しているのを発見したのだ。

そう考えると、三月半ばから東京に行っていたり、ハノイに行っていて、換気扇は回してはいたものの、窓や扉を開けていなかったことが、一つの要因として考えられた。

今後も、当然、長い期間ここを留守にすることがある。

それを思うと、換気能力をUPさせたい思いがあったのだ。

そこで、換気扇をつけてから、まだ何ヶ月も経っていないが、換気扇をアップグレードすることにしたのだ。

とはいえ、やるのは、服などを入れてある倉庫だけだけど。

今までの15cm羽根のものから、25cm羽根にチェンジした。

最初から、デカイ方をつけておけばよかったのだが、寸法上、収まるかどうか?と思っていたので、小さいのをつけてしまっていたのだ。

しかし、厳密に計測してみると、ギリギリのギリッギリ収まることが判明。

15cmと25cmでは、換気量がなんと3倍!

こんなに違うんかいなー。

当初は、換気扇さえつければ、解決すると思っていたので、換気量なんて考えていなかったのだ。

実は、これで終了ではない。

隙間はたくさんあれど、空気の流れを考えてみなくてはならない。

最も、空気の流れの悪いところへ空気を流すために、吸気口を設置することにしたのだ。

それをやって、ようやく完成。

さて、これで梅雨と夏場を乗り切れるだろうか?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.