すでに時代遅れ!?携帯電話とSMS

投稿日:2018年4月22日 更新日:

今回、8日から20日までベトナムへ行っている間、現地のプリペイドSIMに替えていた。

そうなると、日本で使っている090番号の携帯電話とSMSは通じない。

当たり前のことなのだが、改めてそのことを実感した。

一昔前まで、SIM Freeで使える携帯電話も、スマートフォンもなかった。

日本国内での携帯電話は、すべてDocomo、AU、SoftBankの3社に牛耳られていた。

そんな時代でも、すでに海外では、SIM FreeのiPhoneなどが売られているのは知っていたが、そうしたことは日本ではなかなか実行されない。

なので、海外に行った際には、頼りになるのはFree Wi-Fiだった。

ホテルやお店にいるときには、Wi-Fiが使えるため、何をするにも、その場に停止して行う必要があったのだ。

しかし、移動中には使用できないため、タクシーのぼったくりの餌食になりやすかったし、自分がどこにいるのか、さっぱりわからなくなってしまうことも多かった。

もちろん、電車やバスでの移動は、現在位置がわからないため冷や汗ものだ。

そのころは、まだ、日本国内で使用している090番号にかかってきた電話は受けることができた。(当たり前だけど)

現在売られているスマートフォンのほとんどは、SIM Freeか、SIM Free化できるものばかり、そうなれば、海外に行くときには、その国のSIMに簡単に変更できる。

そうなれば、090番号は通じない。

今や、海外にはどんな人でも気軽に行ける時代になった。

LCCの登場、Booking.comやExpedia、AirBnBの登場で、飛行機代も宿泊費も大幅に節約できる。そして、SIM Freeのスマホを持っていれば、世界中どこにいても情報を手に入れることができるようになったのだ。

今回のベトナム  ハノイ12泊13日の旅行で利用した金額は、二人で約13万円。

航空券は、マイルを使ったので無料、サーチャージに二万円ほどかかった。

さらに、前後宿泊費(日本)で三万円、この二つだけですでに五万円がかかっているので、それ以外の金額では、八万円を使ったのみだ。

現地の宿泊費など、12泊で約25,000円なので、いかに安く旅ができるかわかる。

もし、これが日本の旅行会社企画ツアーであったなら、こうはいかないだろう。

日本企業の関連するホテルか、ヨーロッパ資本のホテルへの宿泊で、先進国とそう変わらないような宿泊費だったと思うのだ。

オプショナルツアーも、先進国だろうが、途上国だろうが、その金額はほとんど同じだから、ツアーでは、途上国へ行く金銭的メリットは対して感じられない。

日本人に生まれたというだけで、日本のパスポートを手にできる。

日本のパスポートは、世界中のほとんどの国へ気軽に行けるすごいアイテムなのだ。

こうした時代には、海外へ出かけて行く機会は、ますます多くなって行く。

そんな中、国内でしか使えない(SIMを変えなければ使えるが)090番号は、すでに時代遅れとなっているように思えた。

その反面、ネット経由のサービス、050IP電話、LINE、FaceBookのメッセージ、Eメールなどは、なんの制約もなく使える。

それらは、世界中どこにいても利用することができ、もっとも早いコミュニケーション手段だ。

東京で生活している時、僕がもっとも嫌だったものの一つ、それが電話だった。

掛けるもの苦手だったが、かかってくるのも嫌だった。

東京にいれば、電車の中やお店の中にいることも多く、電話を取ることができな状況にいることが多い。

もしも、メールで送ってくれれば、すぐその場で返事ができるのに、電話というコニュニケーション手段は、もっとも遅い、ローカルな手段であると思っていた。

その思いは今も同じだが、愛媛に行ってからは、ほとんどが家かその周辺か、車の中なので、他人を気にして電話を出ないということはなくなったので、少し「電話嫌い病」は和らいでいたのだ。

だが、今回のベトナム旅行で、改めて思った。

やはり、電話はダメだ。

もうすでに、時代遅れの過去の遺物になりつつある。

文字だけのコミュニケーションよりも、直接話をするという方が良いという言い分があるが、僕はそう感じてはいない。(大昔から)

電話という顔の見えない状態で話をして、心からコミュニケーションが取れたというのは、どうにも嘘くささを感じるのだ。

今の時代は、文字で約束を取り、高速な移動手段を使って会うことができるのだから、直接話をするということに重きをおくのなら会えばいいのだ。

さらに、どうしても会えないのなら、テレビ電話が当たり前になっているのだから、顔を見ながら話をすればいいのではないだろうか。

電話という中途半端なアイテムは、もう
無くても良いような気がするのだ。

今では、お店、電車、バスどこにでもFree Wi-Fiもある。

海外では、今回のベトナムにおいても、Free Wi-Fiのスポットは多くあり、速度も問題なく使えるレベルであった。

日本でも、Free Wi-Fiスポットは多くなりつつあるが、どうも、日本のWi-Fiはメチャクチャ遅い。

日本人にFree Wi-Fiを使わせない策略で、海外製の機器なら早いとか?と思ってしまうほど、遅い。

遅すぎて、まったく役に立たない。

こんなので、海外から来ている観光客の皆さんは大丈夫なのか?

2020年のオリンピック大丈夫なのか?

なんだか、日本という国が、世界からみてとても遅れている国に見えてきたのだ。

ベトナムよりもWi-Fiスポットは少なく、速度も遅い。

Uberも、AirBnBも行えない規制だらけの国、これでいいのだろうかニッポン?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.