まだ会ったことのない住人の足跡

この山に来て、もうすぐ七ヶ月が経つ。

下の山で、罠にかかったイノッチ以外に、哺乳類に会っていない。

しかし、存在している形跡は、ところどころに見つけたのだが。

雪が降ると、その形跡は、足跡に顕著に現れる。

今日も、彼らの足跡を見つけた。

これが、いつもそうなのだが、意外にも、小屋の前や横を通っているのだ。

それなのに、実際に、バッタリお会いすることがない。

前々回の積雪の時は、イノッチの足跡をそこら中で見つけることができた。

前回は、うさぎ。

今日は、ハクビシンかな?

それとも、キツネかタヌキか?

もう一つ、面白いというか、賢いのか?偶然か?

二匹が一緒に歩いた足跡があったのだが、イノッチの罠を仕掛けてあるところに差し掛かると、気が付いたのか、足跡が避けているのだ。

上の写真が、足跡。下は、足跡を赤い線で、罠をオレンジで書いた。

感づいて、避けているように思えるのだ。

ちなみに、この道の左右には、獣道があって、動物たちは、基本獣道を通るのだが、両方ともに罠をかけてるためか、獣道を通らずに、この道を通って下に降りている。

人間は、動物を甘く見ているのだろうか?

彼らは、僕たちが思っている以上に、はるかに賢いのかもしれない。

それとも、単に鼻が効くだけか?


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE