今日は、12cmほどの積雪。

投稿日:2018年2月1日 更新日:

昨日の、常緑樹の乱伐採でいい気になっていたので、今日も、ガツガツ切ってやるぞー!と、気合が入っていたのだが、あいにくの雪で何もできずに一日が終わった。

朝、起きると、すでに10cmほどは雪が積もっていた。

天気予報では、午前中一杯で雪が止む予定だったが、午後になっても止む気配はなく、降り続いていた。

気温が上がったためか、雪は降ってくるのに、積もる高さは高くなってはいかずに、最終的には、12cm程度で止まった。

ちょこまかした作業はしたが、すぐに終わってしまうことばかりで、暇だったので、倉庫で一人カラオケに講じていた。

カラオケにも飽きて、外に出てみると、下の道路にタイヤの跡が、どうやら誰か来たらしいが、カラオケをやっていて、チャイムもエンジン音にも気がつかなかったようだ。

一体、この雪の中、誰が来たのだろう?

そう思いながらも、郵便ポストを開けてみると・・・ありました。

やっぱり、郵便屋さんだった。

すげーな郵便屋さん。

僕なんて、四駆のスタッドレスでも出る気がないのに、カブで来ちゃうんだからな。

感心する。

もちろん、郵便屋さんには、無理して欲しくないので、雨の日や雪の日には、配達をしなくていいということは言ってあるのだが、それでも、止めばすぐに来てくれるのだ。

素晴らしい、本当に素晴らしいです。

ポストを開けた時に、DMしか入っていない時なんかは、本当にありがたいというか、悪いというか、DM業者を恨みたくなるほど。

昔だったら、集合ポストに書かれた部屋番号のところに入れるだけなので、どんなにDMが来ていても全く気にすることはなかったけど、今は、極力、郵便屋さんの負担を減らしたいと、心の底から思うようになった。

当然、木を切っていると、紙の材料は木であるから、森林保護の観点から見ても、紙を無駄にするというのは良くない。

さらに、ゴミも増える。

以前は、紙類は燃やしてしまえばいいと思ってたが、カラーインクが燃えると、どうも有害な物質が出ているような感じがして、カラー印刷された紙を燃やすのは止めたのだ。

ネットの普及で、世の中からDMは減っているとは思うが、まだまだ、無駄に紙は消費されているのだろうな。

かと言って、何もなくなってしまえば、郵便屋さんの仕事もなくなってしまうのだから、難しいところである。

どうも、雪が降ると写真を撮っておきたくなるようで、またまた、雪の写真展。

雪がふると、ほとんどモノクロームの世界になるな。

これは、これで、いいかもしれない。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.