初ヒット!

昨日のことだけど、初ヒット!

今までは、良くてもチップ、ほとんど空振りだったのが、ヒットした。

そうです。

切った木が、ヒットしたってことなんです。

いやはや。

今までも、結構、危ない目に遭っていますが、ほとんどは、空振り。

1mほどのところを、大木が横切っていったり、10cm程度のところに落下したりということはありましたが、チップはあれど、ヒットなしだったのです。

倒した木が、ちょうど、落葉樹の幹が二股に分かれているところにはまってしまい、上も下も、両方が宙に浮いた状態に。

頭の方を切ってあげれば、両方とも下にドスンと落ちる予定だった。

ここで、僕は、二つのミスをした。

一つ目は、単純に浮いているだけだと思って、重心とか、引っかかりとか、細かく調査しなかった。

二つ目は、本来は、切る位置の下側を少し切って、その後、上側から切っていかなければならないのに、いきなり上側から切り始めてしまった。

ギュイーン!とチェーンソーで切っていく。

もちろん、慎重にだ。

1/3程度切った時だった。

「バキッ!」という音と、ほぼ同時に、「ガツン!」という衝撃が走って、僕は、飛ばされた。

下に落ちると思っていた、木の頭の部分が、なぜか、こっちに吹っ飛んできたのだ。

たぶん、どこかに引っかかって、弓を引いた状態のようになっていたのだろう。

よく、調べればわかったことなのに、横着してしまったのだ。

そして、切り口の下から切れ目を入れておけば、木のしなりに気がついたかもしれないのだ。

初心者ほど、細かいことを怠ってしまうというか、気がつけないものなのだな。

バキッと折れるのと、ヒットしたのがほとんど同時すぎて、全くよけるどころじゃなかったし、まるで見えなかった。

すげー早い、スイングだったな。

幸いにも、ヘルメットがあったことによって、全くけがはなかったが、ヘルメットなかったら、ノックアウトだったかも?

普通は、こうしたことがあると、「怖い」という感覚が出るのだろうけど、そういった感覚はまるでない。

これも、クラヴ・マガで、打たれてきたおかげだろうか?

2度ほど、ダウンしているから、まあ、似たような感じと言うだけだった。

一番困るのが、ヒットよりも、寝技で抑え込まれることだ。

動けなくなってしまうと、レスキューを頼まなけれならないから。

自分が怪我をするのは、そのうち治るからどうということはないけども、人に手間をかけさせるのは避けたいのだな。

<ヒット直後。しばらく倒れていることにして、初ヒット記念撮影>


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2021 Mark's LIFE