ワラビがボーボーに生えている。刈ってやった!

投稿日:2017年11月19日 更新日:

ウチの山、ワラビがボーボーに生えている。

ボーボー加減が、半端じゃない。

きっと、何年?いや何十年も刈っていなくて、枯れた上に、また生えて、また枯れて、また生えて・・・

普通の植物なら、枯れた時に、クッタリして土に帰るのだろうが、ワラビの茎が、これまた頑丈で、葉っぱが枯れても、茎はガッチガチに固いまま。

新しい茎は、古い茎の上に伸びてきて葉をつける。

そして、次の新しい茎も、またまた古い茎の上に葉をつけるもんだから、僕の背丈くらいの高さになっていて、地面が全く見えない。

<ワラビに埋もれてるの図>

なので、そのままワラビの草むらに入っていくと、突然!ズルズル〜と斜面を落ちていくなんてことになる。

なので、木を切る前に、刈っておいて、ちゃんと地面が見えるようにしておかないと危ないのだ。

なので、今日は、草刈りDAYになったわけ。

斜面で、草が背丈くらいあって、茎がまた固くって、下には、たまに切り捨ててある木が落ちていて、狩り払い機が引っかかったりして、マジ疲れた。

そして、草むらに入ると、決まってくっついてくるのが、

<この写真だと、よくわかんないなぁ>

ダニっす。

夏には、1cmくらいのが、くっついていたことがあったけど、最近は、ちっちゃい。3mmくらいかな?

どうも、最近、足を刺されていると思って、布団を干したりしていたんだけど、布団の中に潜む家ダニではなく、草むらにいる、こいつらマダニの仕業だってことが、やっとわかった。

刺し傷も、家ダニとはちょいと違って、刺された部分に小さな穴が開くんだよね。

いや、きっと家ダニも同じなんだろうけど、ダニの大きさの違いだな。

で、草刈りの結果。

う〜ん、わからんな。

こうしてみても、やった感が全くない。

まあ、いいか。

で、早々と帰って、風呂に入って、鍋作ったよ。

盛りすぎ?

いえいえ、どうせペッチャンコになっちゃうので、いいのです。

ほらね。

つーことで、今日も、疲れたよん。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.