命の重みと軽さ

人間だけじゃなく、どんな生き物にも命がある。

山に来てから、それだけの命を奪ってきたかわからない。

今日も、ミミズコンポストの中で増えた、ミズアブの幼虫を数百匹殺した。

それも、ガスバーナーで火あぶり。

今までも、蜂を掃除機で吸い込んだり、蜂の巣を襲撃して全滅させたり、アブなんて、毎日何匹もハエ叩きで殺している。

家の中に侵入してきた虫は、ほとんど容赦なく有無も言わせず抹殺している。

昔は、そっとティッシュに包んで、そっと外に逃がしていたのに・・・

今は、そんな場合ではないのだ。

山に来て、僕は、悪魔のような殺し屋になってしまったのか!?

と、思うこともあるが、考えてみると、冷蔵庫の中には豚肉が入っている。そして、鯖も。

命の大切さ云々言っても、毎日のように、誰かが殺した肉や魚を笑顔で頬張っているではないか。

そして、「私は殺してませんよ」とでも言った顔をしている。

というか、同じ哺乳類を殺して食べているという自覚すら消えかけている。

Pigではなく、初めからPorkであったかのように思っている。

いやいや、食べている人がいる限り、殺される生き物は減らないし、殺されるために生かされている生き物はたくさんいるのだ。

その現状は、ほとんど知らない。

もちろん、僕も、豚や牛はおろか、鶏を締めるところも見たことはないのだ。

正直言って、見たくねー

でも、食いてー

自分ではやりたくねー

誰かが殺って、スライスして、パック詰めしてくれー

でも、僕は、そのうちやろうと思う。

豚や牛は、免許だか、許可だかが必要らしいけど、鶏は出来るようなので、やる時が来るだろう。

「コケーッ!!!」という、悲鳴をあげるらしいのだが・・・

命とは、重くて軽いものなのだろう。

僕としては、輪廻天性を信じているので、殺した後、余裕があれば、「次の生まれ変わりは、もっと、違う生き物として生まれてくるといい」と、上から目線で声をかけるのだ。

アブとして生まれてきて、簡単にハエ叩きで殺されるのは、なんだか切ないではないか。

でも、全宇宙から見たら、僕たち人間だって、小さな粒にもならない存在で、何億年もの歴史の中で、たったの100年弱しか生きられないなんて、アブと大差ないのではないかと思う事もある。

それでも、僕は生きることを選択し、全力で小さな力を出し切って生きるのだ。

僕は、僕の命を重く考えて、精一杯生きるのと同じように、虫も、きっと短い命でも、きっと精一杯生きているんだろう。

でも、すぐに死んでしまう。

僕だって、どんなに生きたって100年程度、それに、いつ死ぬかだってわからない。

そう思うと、命の軽さを感じる。

命って、重くって軽いものだなぁと思うよ。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S LIFE:日常

© 2020 Mark's LIFE