未来が見えたら・・・

投稿日:

1つ前に書いた記事に、テレビドラマ「ゲゲゲの女房」のことについて触れた。前の記事では、オープニング曲のことだけだったが、今回は、ゲゲゲの女房についてだ。

と、言っても、ドラマのこと云々というわけではない。ドラマは「フィクション」ってことになっているが、実名を使うのだから、大まかな内容は、実際の通りなのだろう。

ドラマを見ると、ほぼ、ずっと、ド貧乏である。

マニアや関係者には、評価が高いが、本はさっぱり売れず、売れてもギャラが入らなかったりと、踏んだり蹴ったりの人生が描かれている。

現実に、この状態であれば、やはり「もう八方塞がりだー!」と投げ出したくなるだろうし、どうしたらいいのか悩みに悩むことだろう。

しかし、もし、

未来が見えたら・・・

実際に、今であれば未来は見えている。
未来には「ゲゲゲの鬼太郎」がいる。

それが、信じられるか?

という、ただ一点にかかっている。

ただ、信じるか信じないか?
これだけの違いで、ゲゲゲの鬼太郎が生まれるか、生まれないかにかかっているのだ。
信じなければ描き続けない。描き続けなければ生まれない。
具体的に見えていなくても、霧に包まれていても、行く道が全くわからなくても、信じて前に進み続けるからこそ、そこにたどり着くのだ。

僕自身も、常に自分を信じている。
誰一人として信じなくても、僕だけは信じているのだ。

だから、僕にも未来が見えている。
どんな風か、具体的なところはさっぱりだが、それでも未来は見えているのだ。

思考・言葉・行動

この3つによって、世界は造られる。
頭の中に描けるものは、描いた瞬間に、どこかの時空に生まれている。
そこに、いつ行くかはわからない。
すぐかもしれないし、ずっと先かもしれないし、はたまた行かない選択をするかもしれない。
しかし、必ず「ある」のだ。

「有言実行」

という言葉があるが、僕は、「有言」しないようにしている。
自分には、言っているが、自分以外には言わないようにしている。
なぜか、今までの46年間を振り返ると、自分以外の人に言ってしまうと、そのことが実現しない現象が多い。

有言実行に沿えば、たくさんの人に言うと、たくさんの協力者が集まって、みんなの思考のエネルギーと行動のエネルギーによって、現実化すると言うことになっているはずなのだが・・・
どうにも、僕の場合、そうならない。なったためしがないように思える。

うまく行ったことを振り返ると、すべて、誰にも言わず、一人でチマチマと準備して、一人で初めてきたことがうまくいっているような感じがするのだ。

どうも、僕は、自分以外の人に言った瞬間に、自分の中のエネルギーをとどめておくことができずに吐き出してしまうのではないか?と思う。
それに気がついてから、なるべく気をつけて、自分以外の人には言わないようにしている。

ついつい、ポロっと漏らしてしまった瞬間に「しまった!」と思い、その瞬間「どうか、忘れてくれ!」と願うのだが、時すでに遅し・・・

未来が見えたら・・・

ではなく、未来は見えているのだ。

信じるか、信じないかは、あなたしだいです。

あれっ?なんか、安っぽく終わっちゃった?

-HOW TO:方法, MARK'S BRAIN:思考, SECRET POWER:見えない力

Copyright© Mark's LIFE , 2020 All Rights Reserved.