ヤマガラ卵温め中

昨年、僕の住んでいる小屋の外に置いておいた破れた長靴の中に巣を作り、無事に巣立っていったヤマガラ。今年も来ている。

昨年、イチローさんから巣箱をもらって、うちの軒下に付けておいたのだが、今年は、ちゃんと巣箱の中に巣を作った。やはり、巣箱というのは、鳥にとって非常に利便性が高い形になっているものなのだな。教えなくても、ここがBESTなんだとわかるようだ。

今までは、苔をせっせと運んでいたのだが、しばらく前から苔を運ばなくなった。ということは、卵を産んで温め中かなぁ、と思って覗いてみた。おっ、これは親鳥だな。やっぱり、卵温め中なんだ。

あんまり覗くと「敵が来た!」と思われてはいけないので、やめておきたいけど、どうしても気になっちゃうんだよな。

「そうだ!」
今度は、スモークのアクリル板貼っておくとかしたら、中身が見えるかも?でも、それじゃあ巣を作らないかなぁ?どうなんだろう?でも、やってみる価値はありそうだ。

まあ、あとは、雛が孵れば、親鳥が餌を運んでくるので、そうしていたら「あぁー。雛が孵ったんだな」とわかるわけだ。なるべく、そっと見守ってあげたいな。

-MOUNTAIN LIFE:山暮らし, NATURE:自然

© 2020 Mark's LIFE