映画「空気人形」

投稿日:2018年8月31日 更新日:

昨夜「空気人形」という映画を観た。

タイトルから連想すると、人形というのが若干ホラーっぽい感じがする。

そこに空気という単語が入ると、いきなりチープな風船的なイメージになる。

この映画、予告編を見たことで、本編を観てみようと思ったのだが、予告編において、何がどうよかったのかは、まったく記憶にない。

ただ、予告を見た時点で、タイトルを記録しておくだけなのだ。

そして、忘れた頃に本編を観る。

この映画の主人公は、タイトル同様「空気人形」である。

男性諸君は「ダッチワイフ」と言えば簡単にイメージがつくだろう。

なんとも、奇想天外なダッチワイフの映画なのだ。

かと言って18禁などではない。

役者とか監督とか、そう言ったものなどは気にせずに映画を観るのだが、この映画、見終わってからそこらへんのことを調べてみたら、話題の是枝監督の作品であった。

う〜ん、やっぱり是枝監督(って、名前しか知らないけど)才能あるな。

この映画、ダッチワイフなのに、すごくいい。

内容がいい。

誰も喧嘩せず、怒りもせず、もちろん殺しもなく(いや、勘違いでそうなってしまう場面はあるが重要ではない)日常の穏やかな一コマ(と言っても、ダッチが歩いたり、喋ったりするので非日常だけど)を切り取っただけの映画なのに、三回もウルっときた。

本当に、ここ十年くらい日本映画のレベルが高い。

逆に、ハリウッド映画のほとんどはつまらなく思えてきた。

誰かが死んで悲しいのは当たり前で、そのことによって「泣ける映画」というカテゴリーに入ることが、昔から非常に違和感があった。

だから、僕は、誰も死なない映画が好きだ。

さらに、誰も怒らないのがいい。

喜びや楽しさが表現されるのはとてもいいが、怒りや憎しみによって感情を大きく表現し、観るものの感情をも揺さぶろうとするのは、安易な手法だと感じてしまうのだ。

だから、ごく普通にありそうな日常で、ググッときてしまう映画というのが好きだ。

そんな映画の一つが、この不思議な映画「空気人形」であった。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-MARK'S BRAIN:思考

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.