霧に包まれた、こんな日は

投稿日:

霧に包まれている。
湿度100%ってやつだ。
90%まで目盛りのある、アナログ湿度計の針も振り切っている。

いつもは見える、下の街も、霧に遮られて一切見えない。
こんな日は、

一人であることを強く実感する

孤独というのとは違うが、他の人々とは違う世界に生きているように思えるのだ。
雲の上にいるとか、そんなふうではないのだが、何か、自分が集団から孤立した存在であるように思える。
まあ、現実にそうなんだけど。

山に来た当初は、下の部落までの2kmの道のりが長く感じた。
災害があり、道が寸断されてしまったら、陸の孤島になってしまう〜などと心配したのだが、部落の人にそれを話すと「歩いて来りゃええ、どんだけ崩れても歩いて降りられる」と。
まっ、そりゃそうか。たった2kmしかないんだった。

今では、霧に包まれて、他の世界から切り離されたように感じる、こんな日は、そんな一人の世界をしみじみと楽しんでいる。
とはいえ、こんな風にネットしてるけど。エヘヘッ

-MOUNTAIN LIFE:山暮らし, NATURE:自然

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.