ようやく道路工事再開!そして屋根工事

投稿日:2018年9月11日 更新日:

昨年の9月の豪雨によって、僕のところに上がってくる町道の脇が決壊した。

道路の下側の土が削られ、アスファルトも少し落ちてしまっていた。

ただ、通るには、危険そうなだけで、支障がなかったのでよかったが、そのままでは大型のトラックやダンプが入れず、僕の家づくりには支障があった。

10ヶ月経って、7月頭にようやく工事が開始されたのだ。

しかし、その2、3日後には、西日本豪雨。

そのため、工事業者さんたちは、西日本豪雨の復旧活動へ行ってしまい、僕のところは後回しになってしまっていた。

あれから2ヶ月が過ぎ、ようやく、工事が再開されたのだ。

予定は、今月一杯ほど。

ちょうどその頃には、掘っ建て小屋はある程度完成し、ガレージ作りに取りかかれるだろうから、実際にはちょうどよかったかもしれない。

今年のように、酷暑の中でコンクリート基礎工事をしていたら、素人の僕の管理下では、コンクリートをしっかりと固める事ができず、ひび割れなどが発生していた可能性は高い。

なので、きっと、今の現状が、神様の予定通りなのだろう。

さて、掘っ建て小屋の方はというと、昨日、ホームセンターに行って屋根に使う材料を調達してきた。

木材と、防水処理のシートを買い、1.5トンを借りて運んだ。

ホームセンターで積むのは、店員さんにやってもらったのでよかったが、山に着いて降ろすのには苦労した。

なんせ、乗せるときにはフォークリフトだったが、降ろすときには、僕一人で人力である。

さらに、昨日の雨によって、外に置かれていた木材は、水を吸っていて重い。

それでも、なんとか30分かけてジャガくん(林内作業車)の荷台に置いた。

ふ〜っ

こいつらを、全部、屋根にのっけて大丈夫なのだろうか?と心配になる程重かったが、その程度でへこたれるような建物ではダメなのだろうし、屋根が重い方が安定するんだろうな。

屋根の工事に伴って、新しいおもちゃも導入した。

ジャン!

釘打ち機である。

トンカチで、トントンやるのが面倒なのと、いつもまっすぐに打てないので、こいつで楽することにした。

さて、今日から、屋根工事を始めるぞ。

-MOUNTAIN LIFE:山暮らし, SELF BUILD & DIY:セルフビルド, WORK PLACE:作業場

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.