基礎立ち上がり部分の型枠作り

投稿日:2018年12月1日 更新日:

基礎のベース部分のコンクリートが、随分と固まってきた。

なので、型枠を取り外そうかなぁ、と思ったけど、たっぷりと周りにこぼれたセメントが固まって、型枠が剥がれそうにもないし、頑張って外しても、労力の無駄そうだったので、そうそうに型枠の取り外しを諦めた。

どうせ、土に埋まってしまうので、取れようが取れまいが、どっちでもよかったのだ。

で、立ち上がり部分の型枠作りに取り掛かった。

ちょいとビデオも撮ってみた。

作業に入る前に、来客があり、結局作業風景は撮らずじまいになってしまったのだが、無事に型枠のカットを終えた。

次に、型枠の内側にコンクリートがひっつかないように、オイルを塗っておくのだが、オイルスプレーを吹きかけていると、オイルとガスが指に付いて、なんだか、指が痛くなってきた。

見た目にはなんともなかったので気にしなかったのだが、触ってみると・・・「こりゃ、やべー」

なんと、カッチカチになっていた。

要するに、凍っていたってことなのだ。

おうおう、凍傷になっちまう!ってことで、水筒に入ったお茶をカップに注ぎ、その中へ指をブスッと突っ込んで温めた。

ふ〜、あったかいお茶を持ってて良かった。

あぶねー、あぶねー。

明日は、コンパネを固定する、セパレーターなるものを取り付ける作業をやるよ。

そうそう、防護メガネが変わったよ。

今までは、マスクしながらメガネをかけると、メガネが曇っちゃっていたのだけど、今回からは、ゴーグルにしたのだ。

ゴーグルなら、マスクをしていても曇らないのだ。はっはっは。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-GARAGE:ガレージ, SELF BUILD & DIY:セルフビルド

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.