いや〜、やった生コン。そしてキャタピラ交換も

投稿日:2018年11月26日 更新日:

明日届く予定だったキャタピラが今日届いてしまった。

と言っても「今日でもいいですか?」と言われたので、生コンが来るのが午後だったため、「午前中なら」とOKしたのだ。

そうは言っても、届いただけで、ほおっておけばいいものを、やることにしてしまったのだ。

キャタピラ交換。

相当重い印象があったので、人力では持てないかと思いきや、名鉄運輸の若者は、重そうではあったけど、一人で持ち上げていた。

「えっ?一人でいけるんだ?」

そう思ったら、なんだか、僕でもいけそうな気がしてきた。

ってことで、やってしまいました。

片方だけ新品って、なんだか変な感じ。

新品と比べてみると、かなりの劣化度な気がするので、もう片方も近いうちに交換してあげたほうが良さそうであった。

何キロあるかわからないけど、相当重い。

午後から、生コンが来て頑張らないといけないというのに、午前中に、相当なエネルギーを使ってしまったのだ。

そして、午後。

とうとう、生コンが来た。

3トン車で、1立米、およそ2トンの生コンが到着した。

初めは、スロープを作っておいたので、それで流してもらったんだけど、それだと車をちょいちょい移動させていかないといけないので、結局、一輪車で運ぶことに。

ドライバーのおっちゃんも手伝ってくれて、二人で運んで入れて、運んで入れてを繰り返した。

途中、おっちゃんの足がふらついて来たので、運ぶのも、シャベルで入れるのも僕がやって、なんとか終了!

僕も最後の方は、ちょっとフラついてくるくらい疲労したけど、それでも、ホント、相当体力がついてるのを実感する。

午前中に、フルパワーでキャタピラ交換をして、生コン運んで、さらに、余った生コンを持って、道路の補修をやって来たのだ。

で、こんな感じでベース部分に生コンが入った。

これで、4日くらいほおっておいて、一週間後くらいに立ち上げ部分を作って、またまた生コンを入れるのだ。

今回は、1立米だったけど、立ち上げ部分には2.5立米の生コンが入る。

これには、今日のように一人ってわけにはいかないようなので、誰かに頼まなきゃなんない。誰か来てくれるのだろうか?

さらに、一輪車じゃ無理なので、道具もレンタルしてこなきゃ。

今日以上に、ググッと難易度が上がる立ち上げ部分。

おっしゃ!頑張るよー


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-GARAGE:ガレージ, MACHINE:機械, SELF BUILD & DIY:セルフビルド

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.