もうすぐ床ができるゾ

投稿日:2018年11月9日 更新日:

先日、内壁ができたので、今度は、床を作ってる。

床は、大引という太めの角材と根太という細い角材を組み合わせて、下に束という支えを付けて作る。

大引は、角材を買ってこようかとも思ったが、丸太でやってみることにした。

丸太は、先の方と根の方の太さが違うは当然だけど、途中途中もデコボコしている。

なので、そのままでは床がデコボコしたり傾いたりしてしまう。

屋根なら多少の傾きやデコボコはきにすることもないけど、床はそうもいかないので、一手間、ふた手間必要なのだ。

そこで、まず一つ。

高さを微調整するために利用するのが、丸太を支えているひ弱な棒。

剛製束という鉄の棒なんだけど、真ん中をくるくる回すと微妙な調整から、10cm程度の高さ調整まで可能なのだ。

そして、見た目はヒョロイけど、強度は高いらしい。

大引に丸太を使って、支える束も木にすると、いつまで経っても水平を取るのは難しいだろうと判断して、見てくれは悪いけど導入。

次に、丸太の上に垂木という細い角材を載せるんだけど、丸太ではなく、角材を使っていたら上に乗せるだけで終了!と出来るのだが、丸太では、乗せただけじゃボッコボコなので、刻んで高さをある程度合わせて乗せることにした。

こんな感じ。

僕にしては、なかなか面倒なことを、よくやったものだと感心する。

まあ、床を作る目的の一つは、ちゃんと水平を取るってことなので、ちょいと面倒でも頑張った。

あとは、上に床材を乗せるんけど、ここは作業場。

床といっても土足で乗るので、味気ないけど合板にした。

一応、この先、ここの床部分は、個室にするかもしれないことを考えて、床は高くして、床材の下には防水シートを貼り付けて施工することにした。

なんせ、今、服や荷物を入れている倉庫は、床高が低く、壁も外壁材が一枚だけで、内壁もなく、湿気がすごい。

多分、床下の防水などは何もしていないと思うのだ。

もちろん、倉庫なので仕方なんだけど。

ただでさえ山は湿気が多いので、今回は、万全の湿気対策をすることにしたのだ。

そのために、床高は63cmにもした・・・というか、やってたらそうなったんだけど。

で、まだ完成じゃないけど、とりあえず床を載せてみた。

夏の昼寝場所によさそうである。


via Mark な 人生



Your own website,



Ameba Ownd

-----

-SELF BUILD & DIY:セルフビルド, WORK PLACE:作業場

Copyright© Mark's LIFE , 2019 All Rights Reserved.